ホーム ふぁーむの紹介 ふぁーむの野菜 野菜セットのお申し込み うんちく レシピ 日記 リンク じろりんの紹介




いよいよ2009年大根の種まき時期が来ました。  2009/09/02(水)
じろりんふぁーむのその後  2009/08/21(金)
じろりんふぁーむのその後  2009/08/09(日)
夕顔に花が咲き実が付いてきました  2009/07/26(日)
早まきのかぼちゃはここまで  2009/07/26(日)
梅雨明けの夏日の畑で  2009/07/16(木)
第2回江戸東京野菜STUDY&CAFEミュゼダグリ  2009/06/21(日)
プチトマトと葱・さつま芋の苗植え  2009/06/20(土)


いよいよ2009年大根の種まき時期が来ました。

じろりんふぁーむで毎年栽培している「あじまるみ大根」の播種の
時期がやってまいりました。今年は暑かったり、寒かったり、豪雨
だったり変な季節で野菜の値段も高騰する事態を引き起こしてる通り、じろりんふぁーむもかぼちゃがとうとううどん粉病になるなど、大変な夏でした。秋を迎えるにつき。例年通り8月末から9月頭にかけての大根の種まきに掛かりました。不順な気候の事でもあり、マルチシートを敷き寒冷紗をかけて「あじまるみ」の種をまきました。8月29日にまいたところ9月1日には発芽しました。直播きの何もかけてないものはまだ発芽してませんが、まずまずの滑り出しかなっと言うところです。写真は種まきのマルチシートとトンネルの様子、日本かぼちゃのうどん粉病に掛かって葉の無くなった写真と虫除けに栽培していたマリーゴールドとマルチ越しでよく見えないかもしれませんが、早くも発芽した大根の芽です。
Date: 2009/09/02(水)


じろりんふぁーむのその後

やっと夏らしくなって、さつま芋も元気になりました。赤唐辛子も真っ赤になりました。プチトマトも熟れて甘く、伝統野菜の日本かぼちゃもたくさん実をつけています。朝ともなるとかぼちゃの花が一面に咲き、それはそれはきれいです。真桑瓜も黄色くなり、トマトとともに朝食の果菜として毎朝おいしく頂いています。
Date: 2009/08/21(金)


じろりんふぁーむのその後

じろりんふぁーむにプチトマトがなり、甘唐辛子がとれるようになりました。田舎にいる間の朝飯の食材です。また実が付いた夕顔も大きくなり収穫のタイミングとなりました。真桑瓜にも実が付きました、天候不順の所為かまだ最初の実ですが、これからどんどん実ってくれますように。かぼちゃも花咲き30個くらい実が付いています。
Date: 2009/08/09(日)


夕顔に花が咲き実が付いてきました

今年も赤ちゃんくらいまで大きくなるのでしょうか?夕顔なのに
朝、白い花が開きます。今のうちはかわいい夕顔の実もそのうちおおきくなるのです。今年はどうなるでしょうか?
Date: 2009/07/26(日)


早まきのかぼちゃはここまで

自家採種の日本かぼちゃ、直播きのかぼちゃもここまで大きくなりました。また今年初挑戦の葱も元気に育ってくれてます。またさつま芋もさすがに7月に入り元気に育ち昨年のペース並みに大きくなって来ました。
Date: 2009/07/26(日)


梅雨明けの夏日の畑で

在京活動でなかなかいけなかった畑に行ってみると、雑草だらけで大変でしたが、雑草の間に元気に息づいてるかぼちゃやトマトの顔見てファイトが湧き翌日から毎朝5時半におき日の出前にせっせと草取り、手入れなど手がけたおかげでやっと畑らしくなりました。
写真はミニトマト、定植したさつま芋のその後、自家採取した日本かぼちゃやまくわ瓜の今の様子です。初春とその後の梅雨時に雹が降ったりして異常気象だったので全体的に遅いといえば遅いのですが、何とかここまで元気になりました。
Date: 2009/07/16(木)


第2回江戸東京野菜STUDY&CAFEミュゼダグリ

知って味わう江戸東京野菜講座・STUDY&CAFEミュゼダグリの第2回が夏至で父の日の6月21日の初回に続いて武蔵小金井の「くりやぶね」で開催された。今回は昼夜2回講演を実施することが出来ました。前半は江戸東京野菜を語らせたら第一人者である伝統野菜研究会代表の大竹道茂先生にお越しいただき江戸東京野菜について詳しくお話いただきました。江戸東京野菜それぞれの歴史的経過や固定種について大切さや伝統野菜復活に対する取り組みについてなど普段なかなか聞くことが出来ない話を聞けました。その後これまた江戸東京野菜の料理でおなじみ食育・野菜料理コーディネーター酒井文子先生のお料理を味わっていただきました。
今回は馬込半白胡瓜と江戸ナスのお料理です。前菜で半白胡瓜と今の夏すずみきゅうりのスティックの食べ比べ、続いてヨーグルト味噌漬けやピリ辛漬けや半白胡瓜の素麺仕立てと進み、スープやメインディッシュの馬込半白きゅうりと車麩の胡麻クリーム炒め、サラダに半白胡瓜と夏野菜のライスサラダ、デザートにレアチーズケーキの馬込半白きゅうりソースときゅうり尽くし、また最近復活活動中の江戸ナス料理には洋風揚げびたしにした江戸なすを天然酵母バケットにのせていただくというアイデアは伝統野菜料理の常識的感覚を破る構成で皆様にお食べいただきました。今回は生産者である小金井市内の農家の方にもゲストとして来ていただき、どんな風に食べられているのか、また消費者である参加者との懇談していただきました。講座終了後の皆様の感想は講座も料理もきっちり楽しめましたし、生産者のお話も聞けて非常に良い時間が持てたと満足をいただけましたというものでした。まだまだ反省する点は多々ありますので皆様に喜んでいただけるような会にしたいと考えています。

Date: 2009/06/21(日)


プチトマトと葱・さつま芋の苗植え

辛味大根でそばを食べるにしても鍋を楽しむにも葱があるのと無いのではと今年は青い葱を栽培することにしました。農家さんにちゃんこ葱を戴いたのがきっかけで白い太い葱ではなく、子供の頃から戴いていた葱を栽培することにしてみた。また昨年から実生のプチトマト栽培をしているのですが今年も大きくなってきました。
Date: 2009/06/20(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Copyright 2004 Jiro Nousho. All Rights Reserved.
002065
[TOP]